YouTubeのツール

【MovieHacks】Youtubeの動画編集スキルを最速で身につける方法!

こんにちは。

マサトです。

 

さて、最近の動画コンテンツ市場はやはりめちゃくちゃ熱いです。

 

僕の入っているコミュニティでは、0から初めて1年間で8000万円達成した人、粗利ベースで月1000万達成した人など0から始めた人でも半端ない成績を収めています。

 

それくらい可能性を秘めているのが動画コンテンツ市場、ひいてはYoutubeです。

 

ただYoutubeも年々レベルが上ってきているのも事実なんですよ。

 

例えば今流行の漫画系ジャンルでも、ただ画像を切り替えるだけではなく、動きを加えてあげたり、BGMを切り替えたりと動きを出して視聴者を飽きさせない色々な工夫が施されています。

 

そうすることで視聴者を引きつけることができ、視聴者維持率の上昇や自分のチャンネルのファンになってくれる確率がグンッと上がるようになるわけですね。

 

昔みたいに、ただ画像を切り替えるだけファンを得ていた時代は淘汰されつつあり、今後はもっともっと動画編集レベルが上っていくことが予想されます。

 

なのでやはり動画の編集技術も今のYoutubeには欠かせない要素になってきているかなと感じます。

 

もちろん外注さんを雇うのも良いのですが、やはり自分で動画編集できるスキルを身に着けておくとかなり有利なんですよね。

 

動画編集技術だけで食べていける人もいて、例えばこの人。

かふたろうさんは、フリーランスで動画編集を主として稼がれている方です。

 

あとはかふたろうさんみたいに表立って活動はしていないけど、フリーランスとして動画編集で食べている方も実は結構います。

副業で稼がれている方なんて凄い数いて、5~10万円は普通にいるって感じですね。

 

そういった稼ぎ方ができてしまうのが今という時代なんです。

そんなこと昔では考えられなかったですけど時代の変化はすごいですね。

 

最近は、動画コンテンツの価値が上昇してきているので需要が多く、さらに今後も伸び続けていきます。

身につけた動画編集技術で副業したり、それだけで生活している人もいるので、メリットはかなり大きいかなと感じます。

学ぶべきはアドビのソフト

さて動画編集にはソフトが色々あります。

例えば無料で言えば「ムービーメーカー」「aviutl 」「アイムービー」、有料で言えば「ビデオスタジオ」「PowerDirector」「ファイナルカットプロ」等など。

しかしどのソフトも世界的に有名な「Adobe関連のソフト」には敵わず、これらのソフトが使えることがかなり大切になってきます。

 

具体的に言うと、

📘画像編集ソフトである「Photoshop」

📘動画編集ソフトである「Premiere Pro」

📘エフェクト処理をする「After Effects」

 

この3つが使いこなせればyoutubeはもちろん動画編集で困ることはまずないし、

人からお金を頂いてお仕事ができるレベル

になります。

 

「Adobeのソフトが使える」それだけで、価値はかなりあがるのでyoutubeを考えている方はもちろん、副業として動画編集を学んで稼ぎたいという人にもこの3つを学んでいくことをオススメします。

どこで学べば良いの?

「Photoshop」「Premiere Pro」「After Effects」

これらを学べば大きなメリットがあることは分かったけど、これらのソフトって独学で学んでいくのがメチャクチャ難しいソフトなんですよ。

 

特に「Premiere Pro」「After Effects」は最初大半の人が

「なにこれおいしいの?」

状態だと思います。

 

僕の場合「Photoshop」は完全独学でなんとか学べたんですけど、

「Premiere Pro」「After Effects」ソフトを起動させた瞬間に重々しいこの画面が出てきて↓

(Premiere Pro)

 

 

(After Effects)

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

「Adobe半端無いって・・・」っていきなり挫折しそうになりました。苦笑

だって見てくださいよ。。。

真っ暗なホーム画面から伝わるなんとも重たい雰囲気を・・・。

この画面を見て「よっしゃー!簡単そうやな!勉強して身につけたるぞ!!!」ってなった人います?

 

僕は秒でこう思いましたよ。

「うん。無理。」

 

とは言うものの少しは使いこなせるようになりたかったので、なんとか重い腰を挙げながら手探りで勧めていたんですけども、もうわからないことが多すぎで、頭パンクしそうでした。

ググろうと思っていても、まずわからないことを語源化するのが難しいこと難しいこと・・・苦笑

 

またネット上に掲載されている情報は、基礎がわかっていること前提で書いてあることが多くて、なかなかスッキリと解決しないんですよ。

 

「これは無理だわ」と悟りを開いて、分厚い書籍も購入したんですけど

「10ページくらい見たら頭痛くなってきて閉じる」

みたいな感じでしたね。苦笑

 

「ネットの情報だけではきつい」「書籍もきつい」となると今度探すのは、「通信講座やスクール等」だと思います。

 

でも調べても、表現的にあっているかわかりませんが、「硬いもの」が多かったんですよ。

なんか僕が求めているのは、もっとこう手っ取り早く、なおかつ優しく、なおかつ挫折せずに学べる、そんな都合の良いスクールでした。

 

それを求めて調べた結果、僕がたどり最終的にたどり着いたのが

「MovieHacks」

という動画オンライン講座でした。

MovieHacksとは?

MovieHacksは、YouTuberや企業からの依頼を受けて、『動画編集者』として生計を立てていた現役動画編集者の生ハム帝国(@nhtk21)さんが、自らの体験から実践ベースで考えた動画編集オンライン講座です。

 

初心者でも挫折する心配なく動画編集を学ぶことができるに加えて、youtubeに特化しているので、これを学んでおけば自分で動画を作るだけでなく、youtuberや企業からの案件にも対応できるようになります。

 

またMovieHacksは全部で79本の動画の動画から構成されていて、それぞれ10分~15分程度の長さで、パートごとに動画が分けられているので学習がしやすく、

アニメーションキネティック・タイポグラフィ(文字が動くアニメーションのこと)の作り方や、少し変わった動画編集方法も学ぶことができるので、

これらをマスターしていけばクオリティの高い行動な動画を作れるようになります!

 

ちなみに僕は、見つけたその日に速攻で購入しました。

 

サービス名 料金 期間
動画クリエイター専攻 ¥300,000 3ヶ月
デジハリONLINE ¥400,000 6ヶ月
ヒューマンアカデミー ¥260,000 4ヶ月

 

そして上記が他との比較表ですが、期限付きであることが多く、さらに料金も結構高いです。

MovieHacksだと半額の料金で、しかも無期限で学べますし、LINEでいつでも質問し放題ということで、

ほかともいろいろと比較しましたが、最終的にこれしか良さそうなのが無かったので消去法でこれに決めましたね。

MovieHacksの特徴

実践的なソフトの使い方が学べる

MovieHacksを受講してみて思ったのは、実際の編集作業を考えた内容でできているのですが、これが本当にありがたいです。

例えば、動画をカット編集するとき、ただカットするだけではなく「いかに効率よくカットするか」を学べるんですよ。

こういった細かい部分まで考えて作ってあるなと思いましたね。

MovieHacksの値段と基本情報

価格            69,800円(※買い切り)
サポート期間            無制限(LINE@による無制限の質問サポート)
コース区分  

         ・0章 事前準備編
         ・1章 カット編
         ・2章 テロップ編
         ・3章 画像挿入編
         ・4章 SE・BGM編
         ・5章 色調補正編
         ・6章 サムネイル編(Photoshop使用)
         ・7章 アニメーション編(After Effects使用)
         ・8章 キネティックタイポグラフィ編
         ・9章 センス編
         ・10章 実務編
         ・11章 動画の本質
         ・おまけ モザイク

受講形態             動画講義
受講区分             オンライン受講のみ

支払い方法

◆クレジットカード

◆PayPal

◆銀行振込

支払い方法は分割ができず、全て一括になります。

上記方法から選択できます。

MovieHacksの評価・口コミ

 

 

良い口コミが多く、悪い口コミも探してみたんですけどほとんどない印象です。

感覚的には8割が肯定的、残りの2割が否定的という感じ。

否定派の意見としては「この料金設定はありえない」という声が多いです。

ただこの否定派の意見は購入ページを見ただけで、実際に購入した人が否定しているわけではないため、正直あまり参考にならないかなと思います。

まぁ実際に購入してみるとわかりますが、これで悪いと思うのであれば、ほかでも満足できないんじゃないかなぁ・・・。

MovieHacksのメリット

講義動画がメチャクチャわかりやすい。

MovieHacksの動画講義ですが、凄くシンプルでかつ的確に必要な情報を与えてくれるので、凄くわかりやすいです。

例えば「編集に必要なコマンド操作」「効率的なショートカットキーの設定」などの操作方法を順序立てて説明してくれたり、

図や画像を用いて解説してくれるので動画編集初心者でもストレス無く、わかりやすく学習することができます。

 

 

youtubeに必要な動画編集スキルだけでなく画像編集も学べる

MovieHacksで学ぶと、youtubeで必要な動画編集スキルだけではなく、Photoshopの技術もきちんと学べます。

Photoshopの技術を身につければ、サムネイル編集なども簡単にできるようになるので、めちゃめちゃ良いですよ!

ちなみに僕はPhotoshopだけ独学で学んだんですけど、全然知らない機能とか一杯あってデザインの幅が凄い広がりましたね。

MovieHacksのデメリット

さて、ここまで良いことを書いてきましたが、じゃあMovieHacksデメリットは無いのかと言うと、そんなこともないです。

デメリットも当然あります。

僕が感じたデメリットはこんな感じかなと↓

主なデメリット

1:受講費以外にお金がかかる。
2:パソコンのスペックはそれなりに必要。
3:決して安い金額ではない

1:受講費以外にお金がかかる

基本的にAdobeの製品を使うにはお金がかかります。

昔は買取制で1つのソフトに付き数十万円の費用がかかったのですが、現在は月額制になっています。

「Photoshop」「Premiere Pro」「After Effects」を使用するには、Adobe Creative Cloudというプランに入るしか無く、月額5,680円(年間72,336円)の費用がかかることになります。

この費用を捻出できない場合は、そもそもMovieHacksを購入することは控えたほうが良いかなと思います。

2:パソコンのスペックはそれなりに必要。

次にパソコンのスペックが、それなりに必要になります。

・CPU:「Core i5またはcore i7」

・メモリ:「16GB以上推奨」

Adobe製品を使用するのであれば、これくらいのスペックは必要になってきます。

 

一応参考までに僕のノートPCのスペックを書いておくと、

📗CPU:core i7-4710

📗メモリ:16GB

📗コア数クアッドコア

↑こんな感じです。

 

上記のスペックだと、特にカクつくことなど無くソフトは動いてくれますね。

ただし、もし余裕があるのであればメモリは32GB積んでおいて方が良いでしょう。

 

またCPUにも世代という概念があります。

 

例えば僕のPCのメモリはCore i7ですが、その右に4710という数字があると思います。

この4710という数字は、先頭の数字が世代数を表しており

この場合は、第4世代のCore i7ということを表します。

 

この数字が仮に5775であれば、第5世代のCore i7ということを表します。

CPU世代数見分け方早見表

引用元:https://pssection9.com/archives/intel-corei7-corei5-corei3-gen-list-how-to-identify.html

2020年現在は、第10世代まで存在しており、当然この世代が新しいほど性能が高くなります。(価格も比例しますが・・・)

特に中古でPCを購入する場合は、注意が必要です。

 

core i7のPCが安いから購入しては見たものの、世代数が第一世代だったという残念なこともあるので、しっかりとチェックしてなるべく最新に近いものを選ぶことをおすすめします。

3:決して安い金額ではない

MovieHacksの現在の値段は69,800円です。

 

やはり簡単に支払える金額ではなく、踏ん切りがつかずに躊躇したり、悩んでいる方も多いのかなと思います。

ただはっきり言ってその価値は間違いなくあるし、変な商材に手を出すくらいならこの教材を買っておけば間違いないというのが僕の意見です。

きちんと学んで、動画編集スキルを身につけていけば一生自分の財産になりますからね。

 

それでも「やっぱ踏ん切りがつかないんですど・・・」という人がたくさんいると思います。

その気持ちメッチャよくわかります・・・。

なにせ僕も「お金なんて出したくない~(`ェ´)」という人だったので。苦笑

 

そういう人は、僕の体験談を書いたこちらの記事を一度読んでみてください。

あわせて読みたい
「クソ高ぇwww」投資初心者の僕が産まれて初めて〇〇円の情報商材を購入した時のお話。こんにちは。 マサトです。 今日は投資初心者だった僕が初めてウェブで「情報商材」というものを購入した時の話を少しだけ...

何か少しでも感じてもらえれば良いなと思います。

まとめ

MovieHacksはこんな人にオススメです。

🎈動画編集技術を素早く身に着けたい人。

🎈youtubeで稼ぎたいと思っている人。

🎈動画編集技術を身に着けて副業で稼ぎたいと思っている人。

 

逆にオススメではない人

🎈情報に投資したくない人。

🎈お金に余裕がなく投資できない人。

🎈動画編集技術を身につける必要がない人。

 

現在、youtubeはバブルと呼んでも良いでしょう。

芸能人も続々と参戦してきて、テレビとはまた違った価値を与えているのがyoutubeです。

youtubeの価値や人気は今後も上がっていくことでしょう。

 

そしてyoutubeの需要が高まるということは、動画を編集できる技術を持った人が必ず必要になってきます。

 

動画編集技術を身に着けておけば、損になることはまず無くて、仕事の幅も広がるし、自分でビジネスをする際にメチャクチャ有益なんですよね。

 

その動画編集を身につけるには、今現段階で「MovieHacks」が一番効率が良いかなと思います。

「MovieHacks」を受講するメリット

・動画編集を「最短」で学べる
・解説が丁寧で挫折しにくい
・無期限のサポート付き
・動画編集の流れに乗れる
・MovieHacksの受講生という「肩書き」のお陰で案件を貰いやすい

早い人では3日で学んで動画編集の案件を獲得した人もいたり、初心者の人でも2~3週間で学び終えているひとが多いみたいです。

ちなみに僕は、スキマ時間にゆっくりやっていたので全部学び終えるのに1ヶ月ほどかかりました。

目安としてそれくらいかなと思います。

 

ちなみに↓

この方は、動画編集の稼ぎ方のノウハウをnoteでの販売とコンサルをしていて、月100万以上を達成されています。

 

中には化け物みたいな人もいますが、それぞれ自分のペースで学んでいけば良いと思います。

 

ということでMovieHacksでした。

=========================================

記事を最後までご覧いただきありがとうございました。



今後も価値ある情報を提供していきますので楽しみにしていてくださいね! Lineに登録していただいた方限定で『FX自動売買システム』の無料モニター参加権をプレゼントしています。

またLINE限定の有益な情報限定プレゼントも不定期配信しているので是非登録しておいてください。

Line登録は下記アイコンからお願いします!

LINE公式登録