YouTubeの説明欄を使って関連動画対策をする!


こんにちは。

今回はYouTubeの説明欄の使い方(関連動画対策)について話していきます。

YouTubeの説明欄では、動画の説明はもちろん、関連動画対策というものを施すことが重要です。

関連動画対策

関連動画とは、動画を再生した時に右側(赤枠で囲んだ部分)に表示される動画のことです。

sdfiojugvfidfwjugivwjugvw

この関連動画に自分の動画が表示されることがYouTubeアフィリエイト攻略では非常に大切になります。

基本的にYouTubeユーザーの行動は、動画を見たらまたいちいち検索をかけるのではなく、関連動画をクリックします。

その証拠に再生が多い動画の大半は、60%以上が関連動画からの集客となっています。

関連動画からの集客がいかに大事なのかがわかると思います。

人気の動画の関連動画に自分の動画が表示されれば、当然露出も増え再生数もアップします。

このように人気の動画の関連動画に自分の動画を表示させる為に対策していくことを関連動画対策といいます。

関連動画対策の方法

具体的にはYouTubeの動画説明欄を使用し

・「対象の動画のタイトル」
・「URL」

を記載します。

この2点を記載することで、自分の動画と対象の動画との繋がり(結びつき)をもたせ、動画同士の関連性を高めます。

このように関連性を高めることで、関連動画に表示されやすくなるという仕組みです。

それでは実際に説明欄の書き方を見ていきましょう。

関連動画対策の実践

例えば【都市伝説】というメインキーワードを使用して動画を作成したとします。(あくまでサンプルなのでタイトル等は適当です)

ある程度説明欄を完成させたら、関連動画という個所に「関連する動画のタイトル」「URL」を記載して関連動画対策を施していきます。

fdiojioewjifjepgfege

この動画では【都市伝説】がメインキーワードなので、YouTubeの検索窓で「都市伝説」と入力し検索します。

次に①フィルター機能をクリックし、②アップロード日を選択します。

これは決まりはありませんが、古い動画の関連動画に自分の動画を表示させるのは少し難しい傾向にあるので、【今年】【今月】【今週】あたりにアップロードされた動画を狙っていきます。

dsfopkweogfkweogkewg

 

あとは関連性が高かったり、再生数が高い動画等をピックアップしていきます。

fsdkofkweokgeowkgegege

 

選んだ動画のタイトルとURLをコピーします。(URLは①共有をクリックすると②URLが表示されます。)

%ef%bd%84%ef%bd%86%ef%bd%93%ef%bd%8a%ef%bd%8b%e3%81%b4%e3%81%8a%ef%bd%86%ef%bd%8a%e3%81%86%e3%81%87%e3%81%84%ef%bd%90%ef%bd%8a%ef%bd%86%e3%81%86%e3%81%87%e3%81%bd%ef%bd%8b%e3%81%92

 

コピーした動画のタイトルとURLを貼り付けます。

sdfjkgoirewjkgopwregerwge

 

これを3つほど設定します。

sgjfwrepgjwerogewge

こんな風に、YouTubeの説明欄に動画のULRを記載していくことで、この動画とURLを記載した動画の関連性が高まり、関連動画に表示されやすくなります。

注意点

1.全然関係のない動画を記載するのは辞めてください。

例えば都市伝説系の動画なのに、全く関係ない「AKB」「野球」など関連性のない動画をピックアップするのはスパムと判定される可能性もありますし、同ジャンルで関係性が高いものにしないと関連動画に表示される確率が低くなります。

 

2.関連動画対策をしすぎてURLを記載しすぎているとスパム判定を喰らう危険性があります。

sdefipjipejwgjweogjwghw

YouTubeもスパムなどに厳しく対応しているので、3個くらいに抑えておきましょう。

最後に

関連動画対策を施しても必ずその動画の関連動画に表示されるわけではありません。

あくまでその確率を上げるものなのですが、やらないよりはやったほうが確実に良いので説明欄での関連動画対策はぜひ取り入れていってください。

それでは。

サブコンテンツ

このページの先頭へ