YouTubeの著作権・ペナルティーを学ぶ


YouTubeのペナルティー

ws009535

YouTubeアフィリエイトを実践する上で、YouTubeでの著作権や、ペナルティーについてきっちり学んでおかないといけません。

なぜなら、YouTubeの規約に違反し、YouTubeの動画が削除されたり、アカウントが停止されると、

その動画・アカウントから得られていた収益も失う事を意味すると同時に、精神的なダメージにもつながるので、しっかりと知識をつけて動画を作成していかなければいけません。

最悪の場合、Googleアドセンスアカウントを停止させられてしまい、YouTubeアフィリエイトができなくなる可能性もあるので、しっかりと理解しながら読み進んでいってください。

ペナルティーの種類

sdfgjweripjgiprweegewr

・単一動画の収益無効化
・第三者コンテンツの一致
・動画の全世界ブロック
・著作権侵害
・YouTubeコミュニティーガイドライン違反(ポリシー違反)

主なペナルティーはこんな感じです。一つずつ解説していきます。

単一動画の収益無効化

%ef%bd%84%e3%81%95%e3%81%98%e3%81%8a%ef%bd%8a%ef%bd%88%e3%81%b5%e3%81%83%e3%81%8a%e3%81%88%ef%bd%97%ef%bd%8a%e3%81%b5%e3%81%83%e3%81%8a%e3%81%88%ef%bd%97%ef%bd%8a%e3%81%b5%e3%81%87

動画をアップロードして、収益化できていた動画がいきなり収益無効化されるペナルティーです。

これは動画のタイトルにNGワードが含まれている場合に起こることが多いです。

例えば自殺・殺人・イスラム国など暴力的だったり、差別的なワードをNGとしています。

YouTubeはそういう過激なタイトルを好んでおらず、こういったNGワードを含んだ動画を収益化することを良しとしていません。

ですので、過激なワードを含んだタイトルは収益無効化される場合があるので注意してください。

ただし、ペナルティーと言ってもアカウントに対してダメージは無いのでそこまで気にする必要はありません。

単一動画の収益無効化の対策

動画のタイトルにNGワードが含まれていたら、タイトルを変更しNGワードを含まないようにすると、後に収益化される場合もあります。

第三者コンテンツの一致

fdsjofjhewiojhfiewjfewew

第三者コンテンツの一致は、YouTubeのコンテンツIDというシステムに登録されている動画コンテンツや音楽コンテンツなどを投稿した場合このペナルティーを受けてしまいます。

この第三者コンテンツの一致を受けると、その動画から収益を受け取ることができなくなります。

ただし、このペナルティーではアカウントに対してダメージはありません。

第三者コンテンツの一致の対策

特にBGMなどでひかかる場合が多いです。その場合、編集し直してBGMを変更するなどしましょう。

たまに著作権フリー・商標利用可能のBGMを利用しているにも関わらず、第三者コンテンツの一致を受けることもあるので、そういうときは異議申し立てするようにしましょう。

動画の全世界ブロック

ws009538

第三者コンテンツの一致と同じで、YouTubeのコンテンツIDというシステムに登録されている動画コンテンツや音楽コンテンツなどを、投稿した場合このペナルティーを受けてしまいます。

第三者コンテンツの一致はアカウントに対してダメージがない一方で、全世界ブロックは1回~数回受けるとGoogleアドセンスアカウントが停止させられてしまう可能性があるので注意が必要です。

全世界ブロックを受けるのは、映画、アニメ、音楽、特定のテレビ動画などです。

これらを含んだ動画をアップしなければ、基本的には受けることがないペナルティーなので安心してください。

逆に受けてしまった場合は、扱うジャンルを見直していかなければいけません。

動画の全世界ブロックの対策

動画の全世界ブロックの対策は、やはり他人のコンテンツを使用しない事が大切です。

最近ではテレビコンテンツでもコンテンツIDに登録されている場合もありますし、音楽などはほぼコンテンツIDに登録されているのでそういったものを投稿しないようにしましょう。

また関連付けしていないYouTubeアカウントを※テストアカウントとして使用するのも有効です。
※全世界ブロックのペナルティーは、動画のアップロード完了と同時にブロックされる場合が多いので、テストアカウントを利用してペナルティーが出ないか確かめる事ができます。

著作権侵害

fdspoopfwejkopgjkwegew

著作権侵害は、他人のコンテンツを無断で使用したり、コピーした場合に著作権違反によるペナルティーを受けてしまいます。
※ただし、日本は親告罪なので、著作権者や団体に通報されなければ、ペナルティーを受けることはありません。

テレビ動画や他人のコピーコンテンツを取り扱っていると受ける可能性が非常に高いのがこの著作権違反です。

1つの著作権違反を受けると、アカウントに対し1回目の警告が与えられ、6ヶ月間そのペナルティーが残ることになります。(6ヶ月間違反が無ければ消えます。)

YouTubeでは、著作権侵害に対して3アウト制を採用しており、3回の著作権違反を重ねるとチャンネル停止となります。

ただし、現在は悪質と判断したアカウントに対して、著作権違反1発でアカウント停止の措置が取られる場合もあるので、注意が必要です。

著作権侵害の対策

特にテレビコンテンツは著作権者や権利団体に、著作権違反を受ける可能性が非常に高いです。

他人の著作物に頼らず、自分で動画を生み出していくことが大切になってきます。

YouTubeコミュニティーガイドライン違反(ポリシー違反)

shjdfiojifjweigjwegewge

YouTube規約違反による動画削除です。

YouTubeには、独自のコミュニティーガイドラインというものが設定されておりこれらに違反するとコミュニティーガイドライン違反を受けてしまいます。

このペナルティーを受けないためには、こちらのコミュニティーガイドラインをよく読んで理解しておく必要があります。

sdfijiwejigjewgewgewgew

特にアダルトな内容、暴力的な内容、人を不快にさせる内容の動画は作成しないようにしましょう。

また最近増えているのが、「スパム、誤解を招くメタデータ、詐欺」による削除です。

こちらについてはこちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてください↓

YouTubeの動画説明欄でやってはいけないこと!

YouTubeで今一番気をつけないといけないのは、コミュニティガイドライン(ポリシー)違反です!

このペナルティーは、著作権違反と同じで、3アウト制を採用しており、3回のコミュニティーガイドライン違反をしてしまうとアカウントが削除されてしまいます。

また、現在は1回の違反でアカウント停止の措置が取られる場合もあるので、注意が必要です。

そして、数度繰り返すとGoogleアドセンスアカウントが停止させられてしまう可能性があるのでとても厄介なペナルティーです。

十分に気をつけるようにしてください。

YouTubeコミュニティーガイドライン違反の対策

自分では規約に沿った動画を作成したと思っていても、YouTubeの判断によって削除される場合もあるので完全な対策は難しいです。

つまりYouTubeのさじ加減に左右されやすいです。

出来ることは、コミュニティーガイドラインを良く理解し規約に沿った動画を作成するように心がけ、ガイドラインに触れるか微妙だなと感じたり、グレーだなと思う場合は、その動画を潔く諦める決断力が大切です。

YouTubeは長期的に運用していくべきで、目先の収益にとらわれて危ない橋を渡るのはさけるようにしてください。

YouTubeと付き合っていく上で大切な考え方

YouTubeアフィリエイトを長く続けたいのであれば、常にリスクの事を考えなければなりません。

再生数が稼げるからといって、テレビ動画を扱ったり、他人のコンテンツを無断転載しても意味はありません。

リスクを考えずに、運営していってもすぐにYouTubeアカウントの停止Googleアドセンスの停止につながります。

Googleアドセンスの停止はYouTubeアフィリエイトにおいて死刑判決に等しいです。

ですので、常にリスクというのを意識していって、必要のない動画削除や違反を受けないようにしてください。

そうすれば必然的に、YouTubeと長く付き合っていくことが出来ます。

危ない橋は渡らず、健全に動画を作成・アップロードしてください。

それでは。

サブコンテンツ

このページの先頭へ