YouTubeの再生速度を細かく調整できる便利な拡張機能「Video Speed Controller」


fowesiopewiogegeeg

こんにちは。

最近やっと、手首の怪我(TFCC損傷→靭帯損傷みたいなものです)の痛みがなくなってきました。

この手首の怪我は、滅茶苦茶なフォームで筋トレをしていたのが原因だったんですが、痛みが引くまでが本当に長かったです。

期間にして、3ヶ月以上かかっています。

幸い利き手ではない左手だったのでまだ良かったですが、それでもかなり不便でした。

ドアノブを回そうとするだけで激痛

髪の毛を洗おうとするだけで激痛

キーボードを打つだけで激痛

ダンベルなんて持つだけで激痛。苦笑

本当にしんどかったです。

痛みがなく普通の健康体でいられることがいかに幸せなのか、こういうときにいつも感じさせられますね。

 

そういうわけで、怪我のせいでなかなかブログを更新することができなかったという言い訳をサラッとしておいたので、そろそろ本題に入っていきます。

 

今回は、とても便利なChromeの拡張機能「Video Speed Controller」というのを紹介したいと思います。

このChromeの拡張機能は、YouTubeの動画の速度を自由に変更することが出来ます。

もともとYouTubeには、速度を変えることが出来る機能がデフォルトでありますよね。

一応解説しておきますがこんな感じです↓

dsふぉp@こrwkご@rkげw

dfewkjfgoewopgkeo@gke

倍速で見る場合は「1.25倍速、1.5倍速、2倍速」という選択肢があるんですが、デフォルトだと倍速間に結構開きがあって、細かくは設定できないんですよね。

1.5倍速の後はもう2倍速になってしまって、1.5倍速では遅いけど、2倍速では速すぎるというジレンマに陥ることも結構あるんじゃないかなと思います。

僕はそれが凄くもどかしく感じていたんですが、今回紹介する拡張機能「Video Speed Controller」を導入するとこの速度を細かく(しかも簡単に)設定できるようになります。

これはとても便利ですよ!

それでは導入方法を解説していきます。

Video Speed Controllerの導入方法

「Video Speed Controller」にアクセスし、右上に表示された「CHROMEに追加」をクリックします。すると追加の確認ページが開くのでそれもクリックするとインストールが始まります。

dsfkjopikgfopwekjgo@egeg

これで導入は終了です。

Video Speed Controllerの使用方法

・YouTubeを再生すると、画面左上部に「1.00」という表示が現れます。

fdsihiewugi0ewgegege

 

・その部分にカーソルを乗せると、「-」「+」などが表示されます。

dsijhfioejwipgjegege

 

・操作方法は以下のとおりです。

fdslopjgoperwjkogkjegege

「≪」・・・10秒前に戻ります。
「-」・・・コンマ1秒づつ遅くなります。
「+」・・・コンマ1秒づつ速くなります。
「≫」・・・10秒後に飛びます。

直感的に操作できるので、本当に便利ですよ。

是非導入してみてください。

最後に

YouTubeのデフォルト機能の倍速機能と違って、細かく速度を調整できるし、操作方法はとても簡単なので凄いお勧めです。

僕の場合は、ネットビジネス関係の動画をYouTubeで視聴したり、YouTubeのライバルの動画を観察するときに使用してますね。

 

ノーマルの速度では遅すぎると感じるので、「Video Speed Controller」で好みの速度に変更しています。

かなり時間の節約になりますし、好みの速度にするので、ストレス無く閲覧できるので一度活用してみてください。

それではこのへんで。

コメントを残す

※『ふざけているニックネームや名前』『一文字だけの英単語』などには返信しませんのでご注意ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ