YouTubeで著作権フリーBGMサイト「DOVA-SYNDROME」を使用する場合の注意点。


WS010065

こんにちは。

 

児島です。

 

最近、僕のYouTubeアカウントの動画が3つほど
「第三者コンテンツの一致」にひかかってしまいました。

 

つまり使用しているBGMが原因で、収益化が取り消されてしまったということですね。

 

急に3つの動画に「第三者コンテンツの一致」が適用されたのでちょっとびっくりしたんですが、皆さんにもちょっと気をつけてほしいことなのでシェアしておきたいと思います。

 

FREEBGMサイトDOVA-SYNDROMEの注意点

僕がその動画のBGMに使用していたサイトは、
すべて「DOVA-SYNDROME」さんというサイトのものです。

 

DOVA-SYNDROME」さんは、とても有名な著作権フリー&商用利用可能のサイトなのでご存知の方もたくさんいると思います。

 

動画の説明欄にBGMの表記(例:~様のBGMを使用しております)が不要で、わざわざ入れなくてもいいし、商用利用可能でたくさん曲があるのでとても便利なんですよね。

 

ただこの「DOVA-SYNDROME」さんをYouTubeのBGMとして使用する場合は、1つ気をつけなければいけないことがあります。

 

それは音楽素材ライセンスの禁止事項に記載されている、

音源を法令(日本国内法)に抵触、あるいは公序良俗に反する制作物・コンテンツで使用すること

です。

 

これはたとえば、どこかからコピー&テイストした記事が含まれていたり、自分の物ではない画像を使用していたり、不快にさせるようなコンテンツが動画に含まれる場合は、著作権者(または代理人)から著作権侵害の申し立てが行われる場合がありますということです。

 

正直これ結構キツイです。

 

本当にオリジナルの動画じゃないと、この音楽素材ライセンスの禁止事項に当てはまってしまうんですよ。

 

特に画像なんかは基本的に、ネットで拾ってきた画像を使用すると思うんですが、それも駄目になってしまいます。

 

特に芸能系とか、あとはコピペしているコンテンツなどに対しては、結構キツくて手動で「第三者コンテンツの一致」という措置を取られてしまいます。

 

ただ今は、試験的な運用で、一部の作曲者さんの曲でしかそういうことはおこなわれていなんですが、

 

そのうち全部の曲に適用されてしまう可能性もあるので、「DOVA-SYNDROME」さんを使用する場合は、その点に気をつけておいてください。

 

他にもBGMサイトを利用する際は、著作権や商用利用可能かどうかだけを確認するのではなく、利用規約をきちんと読んで、YouTubeのコンテンツで使用していけるのかどうかを確認したほうが良いですね。

 

最後に

「第三者コンテンツの一致」というのは、不正団体による申し立てというイメージが強いですよね。

 

僕も過去に何度も不正団体による申し立てを受けたことがあります。

 

なので僕も最初は、そういう不正団体の申し立てかなとおもっていたんですが、今回は正統なところからでした。

 

DOVA-SYNDROME」さんは、YouTubeでの著作権管理を株式会社を「CROSSWARPInc(クロスワープ)」 に委託しています。

 

「CROSSWARPInc」という管理会社から申し立てが来た場合は、今回説明した音楽素材ライセンス禁止事項に当てはまっている場合がほとんどかなと思います。

 

僕は実は最初は異議申し立てをしたんですが、すぐに却下されて、色々と問い合わせて確認をとったんですが、

 

やっぱりオリジナルの動画でないと駄目ということなので、使用の際は十分注意してもらえたらなと思います。

 

結構使用しやすいサイトでお気に入りだったんですが、今後YouTubeで使用するには、きついサイトかなと感じます。

 

まぁ今回は色々と勉強になりました。

 

僕も迂闊だったんですが、こればかりはしかたないし、今後に活かしていこうと思います。

 

それでは今日はこの辺で。

コメントを残す

※『ふざけているニックネームや名前』『一文字だけの英単語』などには返信しませんのでご注意ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ