2016年は試練の年でした!


ws009985

児島です。

いやー本当にブログの更新がなかなか出来なくて申し訳ないです。

僕自身ビジネス以外のことで、想定外のことが色々とあって、正直「おめでとう」という気分に全くならないんですが、一応言っておきます。

あけましておめでとうございます!

かなり遅いのですが。苦笑

メールやコメントを頂いた方からは、ちょこまかと連絡を取っていたんですが、ブログは更新できなくて、この点は反省しないといけないなと思います。

 

2016年は僕にとっては、「試練の年」でした。

特に11月、12月は全然ビジネスどころではなくて、想定していないことがどんどん起きて、解決できたかなと思ったら二転三転して、また振り出しに戻ったり、本当に耐えないといけないことがたくさんあって、まさに「試練の年」でした。

人生はもちろん、良いこともあれば悪いこともあるのがあたりまえですが、自分でコントロールできないことにもどかしさを感じたし、まだまだ自分は精神的に成長していかないといけないなと感じさせられましたね。

2017年は「自己の成長」というものを意識して精神的にも、肉体的にも成長させて行こうと思います。

 

さてさて、YouTubeに関して「関連付け(紐付け)できない!」という質問がかなり多かったのですが、この点に関しては色々と気になる噂が実は合って、どうやらYouTubeの関連付け(紐付け)に関する規約が変更されたという情報が入っています。

実は結構前からGoogleのフォーラムなどで、そういう情報を目にはしていたし、まことしやかにささやかれていたんですが、どうやらその線が非常に強くなってきたので、一応報告しておきます。

以前まではGoogleアドセンスアカウントに関連付けるYouTubeアカウントは常識の範囲内であれば紐付けることができたんですが、

現在は「1アドセンスアカウントにつき、1YouTubeアカウントしか関連付けすることが許されていない」

という風になっている可能性があります。

ただ僕自身、まだ詳しくは調査できていなくて、書くかどうか迷ったんですが、一応頭には入れておいてほしいなと思ったので今回は少し触れました。

今後、1アドセンスアカウントにつき、1YouTubeアカウント以上の関連付けを行う場合は、そのリスクがあるかもしれないということを少し頭に入れておいていただければなと思います。

詳しい情報などは、僕自身ちゃんとリサーチして記事にしたいと思うので、もう少しお待ち下さい。

それでは。

短いのですが今回はこの辺で!

PS.一緒にいい年にしていきましょうね!

2 Responses to “2016年は試練の年でした!”

  1. i より:

    明けましておめでとうございます。

    アドセンスに関して探していたら、こちらのブログにつきました。

    実はGmailをいくつか持っていまして、その親Gmail?で数年前にブログでのアドセンスを申請したのです。
    よくわからないのですが、そのブログ内では広告が載っているのですが、ちゃんと機能しているのかはわからず・・・

    そして最近YouTubeアドセンスを始めようと思い登録したら、そのブログのアドレスがでていて分けわからないまま、それでボタンを押してしまったのです。

    でもそれが審査が通っていなかったとしたら、また時間がかかる・・・YouTubeのみのアドセンスならすぐに審査が通る、という事をしり、チャンネルもいくつか作ったのですが、そのひとつで違うアドレスでアドセンス申し込みをしてしまったのです。

    そしたらまた後からアドセンスはひとつしかダメ、という事を知り・・・

    しかし、その後から申請したアドセンスのアドレスの方に「アカウントの承認手続きが完了しました、とメールが来ましたが、YouTubeの方ではまだ「審査中で、このアカウントは無効です」とでます。
    こちらの方は申請してから今日で6日目です。

    もう少し様子を見た方がいいのでしょうか?
    そして元のグーグルアカウント申請は取り下げ得る事が出来るのですか?
    しかし、そのグーグルアカウントで全てのYouTubeアカウントが括られているのですけど。。。(後から申請して承認手続きのメールが来たYouTubeアカウントも含まれています)

    ややこしいのですが・・・もうどうすれば良いかわからなくなっています。

    • nkmrhskkjmmst より:

      iさん。

      今回はメールにて返信させていただきましたのでそちらをご確認ください。

      それでは。

i にコメントする

※『ふざけているニックネームや名前』『一文字だけの英単語』などには返信しませんのでご注意ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ