YouTubeの動画の長さ(尺)は長いほうが有利?


WS007110

こんにちは。

そういえばゴールデンウィークも終わってしまいましたね。

学生とか会社員の頃は、ゴールデンウィークとか最高だったんですが、こういう仕事をしていると、ゴールデンウィークとか正直あんまり関係ない(休みたい時に休めますし)ので特に嬉しいとかそういうのは無いんですけどね。

 

そのあまり有り難さを感じないゴールデンウィークを使って、僕は広島の方に行ってきました。

当たり前ですが、人がめちゃくちゃ多かったですね。

行くとこ行くとこ「人人人」みたいな。苦笑

 

今回は初めての広島だったのでメジャーな観光地ばかりをまわったんですが、どれも本当に美しかったです。

やっぱり知らない土地に旅行しに行くのは純粋に「良いな!」っと感じましたね。

見慣れない土地に行くと、何気ない景色もめちゃくちゃ新鮮で、脳も刺激されるし、リフレッシュするので、やっぱり遠出するのは良いですね。

 

さてさて今回は、YouTube動画の長さ(尺)について書いていこうかなとおもいます。

YouTube動画の長さ(尺)なんて、あまり気にしたことが無いという人もいると思うんですが、動画の長さって結構収益に影響してくるんですよ。

ミッドロール広告とエンドロール広告を付けることが出来る

まず結論から言ってしまうと、長い動画のほうが得することが多いです。

前回の記事でも詳しく解説したんですが、10分以上の動画には、ミッドロール広告とエンドロール広告を付けることが出来ます。

つまり、より視聴者に表示される広告数が増えるので、その分収益アップが見込めるわけです。

 hershgewhetrwhte

YouTuberのヒカキンさんの動画を見ると、24分の動画に一定間隔で広告が表示されるように設定されているのがわかりますよね。

この動画には8つの広告が入っていることになります。動画の長さが24分という長さなので、これだけの広告を入れられるってことです。

10分以下の動画だと、このように広告を動画の途中と終わりに入れることが出来ません。

長いほうがCTR(広告のクリック率)が伸びる

以前、この記事「動画の再生維持率が高いほうがより関連動画に表示されやすくなる」ということを解説したんですが、

それなら「動画の長さを短くすれば再生維持率って高くなるんじゃない?」と思った人もいると思いますが、実は動画の長さが短いからといって再生維持率(長く見てもらえる)が高くなるわけではないという研究結果がでています。

 

つまり動画の長さは、再生維持率とはほとんど関係が無いんですよ。なので動画が短ければ再生維持率が上がるということではありません。

そしてこの表を見て欲しいのですが、動画の尺が短いものより長いほうがCTR(広告のクリック率)が伸びるという結果が出ています。(30分~60分を除く)

fsdkjngfowejgio

つまり、動画の尺が長い短いは再生維持率には関係が無いけど、動画の尺が長いほうがCTR(広告のクリック率)は高くなるということです。

この点でも、動画の尺が長い方が有利という結果が出ているわけです。

ただし、じゃあ短い動画は駄目なのかというと別にそういうことではありません。

 

結局、動画の尺がいくら長くても、中身が魅力的でなければ効果が無いので、価値がある動画であることが重要です。

なので中身がペラペラのものをツラツラと引き伸ばして長くしても、効果はほとんどありません。

価値がなければ動画なんて速攻で閉じられますからね。

あくまでちゃんと視聴者に価値を与えるものじゃないと、長くても効果は無いってことです。

最後に

1つの目安として10分以上の動画を意識して作ってみてください。

僕はできるだけ、10分以上の動画を意識して作成してますね。

ただ短いものを闇雲に伸ばすんじゃなくて、例えば9分50秒の動画ならば、あと10秒足せば10分の動画になるわけですから、なにかプラスして10分にしていくってことが大切ですね。それだけで変わってくるので。

さっきも言いましたが、いくら長くてもちゃんと視聴者が価値を感じるものでなければ意味がないので、そこもちゃんと意識してほしいなと思います。

それでは。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ