不要なYouTubeアカウントを完全に削除(消去)する方法と復旧させる方法を解説!


WS006709

こんにちは。

YouTubeアフィリエイトを実践していると、ペナルティを受けてしまってもう使わない不要なアカウントや、なんらかの理由でYouTubeアカウントを削除したいと考えている方もいたりすると思います。

ですので今回は、「YouTubアカウントのを完全削除方法」を解説していこうと思います。

今は知る必要がない方も、知っておいて今後損はないと思いますので、頭のなかに入れておいてください。

YouTubeアカウントの削除方法

1.アカウント情報にアクセスしてください。

じぇhつぇげsげtる

 

2.アカウント情報にアクセスしたら、画面右下の「アカウントやサービスの削除」をクリックしてください。

jtryjtjrym7いkぃうl

 

3.「アカウントやサービスの削除」の画面が表示されるので「Googleアカウントとデータを削除」をクリックしてください。

gれjrykfちゅくyk

 

4.アカウントへのログイン画面が表示されるのでパスワードを再入力してログインしてください。

jtyjjtyktyukl

 

5.次に、「Googleアカウントの削除」画面が表示され、「よくお読みください。重要な情報が含まれています。」と書かれている注意文などをよくお読みの上、一番下までスクロールしていきます。すると2箇所にチェックマークを入れる場所があるのでチェックマークを入れて「アカウントの削除」をクリックしてください。

y4ty5reyyhj5tyj5y

 

6.最後に、「アカウントの復旧について」が表示されます。「Googleアカウントと全てのデータが削除されました。」と書かれている通り、これでYouTubeアカウントの削除は終わりです。

gfehrethrytj

※2016年4月6日現在の方法ですので、YouTubeの仕様変更によってやり方が異なる場合がありますのでご注意ください。

YouTubeアカウントを削除する際に注意しないといけないこと

YouTubeアカウントを完全に削除する際に気をつけないといけないのは、YouTubeアカウントが削除されるGoogleアカウントも削除されるということです。

Gmailももちろん削除されてしまうので、何かのサービスに削除するGmailアドレスを登録していたり、重要なメールが保存されている場合は、きちんと変更や保存を行ってから削除するようにしてください。

削除する前に一度メールを確認するなり事前にチェックしておきましょう。

また複数のアカウントを扱っている人は、間違って違うアカウントを削除しないように注意してください。

YouTubeアカウントを復活(復旧)させる方法

なお削除するアカウントを間違えた場合や、もう一度復活(復旧)させたい場合など、一定の時間内であればアカウントを復活させることができるので簡単に解説しておきます。まずGoogleアカウントヘルプにアクセスします。

gfhtrhtruj

 

画面下部の「Googleアカウントを復旧する」の、「こちらの手順を行います。」をクリックし必要な手続きを行っていってください。

最後に

YouTubeアカウントを完全に削除するのは、特別な手続きもないので、結構簡単だったんじゃないかなと思います。

「YouTubeアカウントを削除なんてしないよ!」

って方もいるとおもうんですが、YouTubeアフィリエイトを実践していると、何らかの理由でアカウントが不要になってくることもあるので、その際にこの方法で削除してみてください。

それでは。

2 Responses to “不要なYouTubeアカウントを完全に削除(消去)する方法と復旧させる方法を解説!”

  1. 相原 久志 (71) より:

    2016年3月に電話会社(通信会社・au から jcom に)変えました。
    当然、パソコンアドレスの ”@” マークから後ろのドメインも変わりました。
    その時、パソコンのデーターを継続転送・移し変えをしませんでした。

    問題は次からです。
    変更以前に YouYube にアップした動画の管理画面に入れなくなりました。
    新しいアドレスで、改めて YuoYube のアカウントを取得して、管理画面に入って、動画をアップしていますが、以前の(旧アドレス)で作成した管理画面に入ることができません。
    その時のパスワード・アカウント等は控えていませんでした。
    初めてだったので、パスワード・アカウントは自分の名前とメールアドレスに似たものと記憶しています。

    旧画面の動画を見ることはできます。(ほかの動画と同じに見れます)。

    よって、上記の以前の管理画面に入るにはどうしたら良いか、お問い合わせをしました。

    よろしくお願いいたします。
    (あい)

    • マサト より:

      相原久志さん。

      通信会社を変更したとしても、以前と同じようにYouTubeアカウントにログインすることは出来ます。
      例えば、現在自宅で使用されているYouTubeアカウントは、ネットカフェのパソコンでもメールアドレスとパスワードを入力すればログインすることができるのと同じことです。(あくまで例です)

      ですので、以前使用していたYouTubeアカウントのGメールアドレスとパスワードを入力すればログインすることができますが、こちらをメモしていない場合は、ログインするのはとても難しいですね。

      方法が無いわけではないんですが、アドレスを忘れてしまった場合、該当のアカウントに設定されていた名前、そして再設定オプションの電話番号またはメールアドレスが設定されている必要があります。
      残念ながら再設定用の電話番号やメールアドレスが設定されていなかったり、氏名を思い出せない場合にはユーザー名を調べることはできません。

      上記を覚えていたりメモしていれば調べることが出来るみたいですが、そうでなければ以前のアカウントにログインすることは出来ないです。

コメントを残す

※『ふざけているニックネームや名前』『一文字だけの英単語』などには返信しませんのでご注意ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ