YouTubeの新機能!アノテーションに変わる「カード」の解説と設定方法!


WS006633
こんにちは。

今回は、YouTubeに去年、追加された機能「カード」を解説していこうと思います。

YouTubeが、新たに「カード」と呼ばれる新機能を導入しました。これは、現在使われている「アノテーション」を将来的に置き換えるものになる予定で、モバイル端末を含む多くのデバイスで動作することになっています。
引用元:
YouTubeが新たに「カード」機能を導入、関連サイト表示や商品宣伝、資金調達などが可能に – GIGAZINE

「カード」とは、これまで主流だった「アノテーション機能」の代わりとなる機能で、「アノテーション」がモバイル端末では表示されないのに対し、「カード」はモバイル端末でも表示されるようになります。

今の時代、スマートフォンやタブレット型端末からのモバイル視聴が増加していて、データによると「近年、全オンライン動画視聴の半分をモバイル視聴が占める」と予想されています。

つまりYouTubeの動画視聴者の大半がモバイル端末になってくるということです。

そうなってくると、モバイル端末に対応していない「アノテーション機能」では、YouTube視聴者に何か行動を促す機会が減ってしまうことになるので、モバイル端末にも対応している「カード」という機能を使用していくことが重要になってきます。

 「カード」の種類

YouTubeの「カード」機能では、以下の6種類のことが出来ます。

・商品紹介カード・・・商品を動画の中で直接宣伝できるカード機能
・資金調達カード・・・資金調達サイトのプロジェクトと視聴者を直接結びつけることが出来るカード
・動画カード&再生リストカード・・・動画や再生リストへのリンク
・関連ウェブサイトカード・・・ウェブサイトへのリンク
・視聴者ファンディングカード・・・動画視聴者にお金を寄付してもらえるカード
・アンケートカード・・・アンケートを表示して投票してもらうことで視聴者と交流できる

基本的に全ての「カード」を使用していくわけではないので、顔出しなどしないでYouTubeアフィリエイトをしている人は、「動画カード&再生リストカード」「関連ウェブサイトカード」を使っていく感じになると思います。

「カード」の種類は現在は6種類ですが、これから増えていく可能性もあるのでこちらのページも目を通してみてください。

「カード」の使い方

では、「カード」の重要性と機能を解説したので、ここから「カード」の基本的な使い方を解説していきます。

1.YouTubeの「動画管理ページ」にアクセスし、「カード」を使用したい動画を選択し、編集の横にある「▼」をクリックし、「カード」を選択します。

WS006643

 

2.下部の赤枠で囲んだ部分の青い棒を移動させてカードを表示させる時間を決めていきます。ただし、あくまでこの設定でできるのはメッセージの表示時間だけです。そのためカードは動画内で常に表示されます。カードを表示させる時間を決めたら「カードの追加」をクリックします。

WS006644

 

3.今回は「動画または再生リスト」を選択していきます。

WS006645

 

4.動画または再生リストが表示されるので、選択したら「カードを作成」をクリックします。

WS006647

 

5.作成するとこの画面が表示されるので、設定できたか確認しましょう。あとからでもメッセージの表示時間の変更が可能です。またカードを追加することも出来ます。緑枠で囲んだ部分をクリックすると設定したカードの編集設定ができます。

WS006648

商品紹介カードと資金調達カードの注意点

商品紹介カードと資金調達カードで使用できる外部のサービスは、YouTubeが承認しているサイトのみ使用可能です。承認していないサイトは使用できません。

YouTubeがどのサイトを承認しているのかは、こちらのページから確認してください。

最後に

今回はYouTubeの機能「カード」の使い方を解説しました。

この「カード」機能により、動画からブログまたは商品紹介などこれまで以上に便利になりました。

パソコンやモバイル端末の両方に対応しているので、YouTubeの動画を経由して、あなたが運用しているブログやウェブサイトを知るユーザーが増えていくはずです。

「カード」機能を使って、新たな可能性を生み出していってください。

それでは。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ